ホークス福田が連日の起爆剤! “緊急代打”に絶妙バント「打席に入ってから」

ホークス福田が連日の起爆剤! “緊急代打”に絶妙バント「打席に入ってから」

ソフトバンク・福田秀平【写真:藤浦一都】

急遽の代打にも「時間は取れたので問題なく入れた」

■ソフトバンク 2-0 日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの福田秀平外野手が11日の日本ハム戦で勝利をお膳立てする絶妙なセーフティバントを決めた。

 互いに無得点のまま迎えた5回の1死。牧原が自打球を右足を当てて、ベンチ奥へと下がった。しばらくして代打として登場したのが福田だった。前日に脇腹痛から復帰したばかりの福田は、いきなり三塁へのセーフティバントを決めて出塁。その後、甲斐との間でヒットエンドランも決まり、チャンスを広げて明石の決勝打に繋げた。

 突然の代打にも「今日は緊急でしたが、(牧原がベンチ奥に下がってから)時間は取れたので問題なく打席に入れました」と語り、セーフティバントのアイデアは「打席に入ってから」と、とっさの判断だったことを明かした。

「パッと見たらファーストもサードも下がっていたので、チャンスはあるなと思いました」とし「サードとピッチャーの間という感覚はありました。ちょっと強かったですが、思ったような場所に転がってくれました」と胸を張る。

 前日の試合でも、4点ビハインドの6回に先頭打者として四球を選び、反撃の起爆剤となったばかり。福田の連日のいい働きが、チームに大きな連勝をもたらした。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)