鷹3連勝で首位固め、西武栗山通算100号で2位浮上、ハム5連敗で3位転落…11日パ・リーグは?

鷹3連勝で首位固め、西武栗山通算100号で2位浮上、ハム5連敗で3位転落…11日パ・リーグは?

プロ1号弾を放った楽天・和田恋【画像:パーソル パ・リーグTV】

西武の栗山は通算100本塁打となる6号勝ち越し2ランを放つ

 パ・リーグは11日、各地で3試合が行われソフトバンク、西武、楽天が勝利。西武は3カードぶりの勝ち越しで2位に浮上し、5連敗の日本ハムが3位に転落した。

 西武は敵地ZOZOマリンでのロッテ戦を4-2で勝利し3カードぶりの勝ち越しを決め2位に浮上した。同点の8回2死一塁から栗山が通算100本塁打となる6号2ランを放ち勝ち越しに成功。ロッテは先発の種市が7回12奪三振2失点の好投を見せたが、2番手の左腕・松永が栗山に痛恨の一発を浴び3連敗となった。

 楽天は本拠地・楽天生命パークでのオリックス戦を8-2で勝利した。同点に追いつかれた直後の6回に2死二塁から渡邊が中前タイムリーを放ち勝ち越しに成功すると、2死満塁から茂木が右翼席へ11号満塁本塁打を放ちリードを広げた。8回にはシーズン中に巨人からトレード移籍の和田がプロ入り1号を放ちダメ押し。投げては先発の石橋が6回4安打2失点の力投で5勝目をマークした。オリックスは連勝が4で止まった。

 ソフトバンクは本拠地ヤフオクドームでの日本ハム戦を2-0で勝利。5回に明石の2点タイムリーで先制すると、5投手による“完封リレー”で逃げ切った。5回無失点のミランダが6勝目をマーク。日本ハムは痛恨の5連敗で3位に転落した。

→1 ソフトバンク 107試合58勝45敗4分 -
↑2 西武 104試合53勝50敗1分 5.0
↓3 日本ハム 106試合52勝50敗4分 0.5
↑3 楽天 105試合52勝50敗3分 0.0
→5 ロッテ 105試合50勝52敗3分 2.0
→6 オリックス 105試合47勝53敗5分 2.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)