ホークス和田、12日ハム戦に復帰先発 「後ろも盤石なので行けるところまで」

ホークス和田、12日ハム戦に復帰先発 「後ろも盤石なので行けるところまで」

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

工藤監督「持っているもの出してくれれば」

■ソフトバンク – 日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの和田毅投手が12日の日本ハム戦に先発する。和田の登板は右太もも裏を痛めた7月20日の楽天戦以来。2016年以来となる日本ハム戦で同一カード3連勝を目指す。

 和田の日本ハム戦の先発は2016年8月19日(札幌ドーム)に8回無失点の好投を見せて以来、ほぼ2年ぶりとなる。その頃とは「何人かは変わっている」とはいえ、同年8月5日(ヤフオクドーム)でも8回2失点で白星を挙げており、悪いイメージはないはずだ。

 それでも「ここという時に集中して点を取ってくる。1イニングごとも先頭打者を抑えて、こちらが主導権を握れるように」と警戒を強める。

 負傷した右太もも裏については「不安はない」と9日の投手練習後と同じコメントを繰り返す。そのうえで「球数については特に言われていませんが、後ろ(ブルペン陣)も盤石なので行けるところまで行けたら」と、力をセーブすることなくハム打線に挑む覚悟だ。

 工藤公康監督も「彼が持っているものを出してくれれば、いいピッチングにつながる。期待しています」と、自信を持ってベテラン左腕をマウンドに送り出す。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)