【高校野球】星稜、奥川の好リリーフで5年ぶり3回戦進出 6回ピンチで登板、8回には自己最速154キロ

【夏の甲子園】星稜が立命館宇治を下し3回戦進出 奥川快投で自己最速154キロをマーク

記事まとめ

  • 高校野球第8日の第2試合、星稜(石川)が立命館宇治(京都)を6-3で下して3回戦進出
  • 今秋ドラフト1位候補の最速153キロ右腕・奥川は6回ピンチで登板、2回1/3無失点の快投
  • 敗れた立命館宇治は6回に3点を返す粘りを見せたが、甲子園2勝目はならず

【高校野球】星稜、奥川の好リリーフで5年ぶり3回戦進出 6回ピンチで登板、8回には自己最速154キロ

【高校野球】星稜、奥川の好リリーフで5年ぶり3回戦進出 6回ピンチで登板、8回には自己最速154キロ

星稜・奥川恭伸【写真:沢井史】

奥川は6回のピンチを乗り切ると、2回1/3を無失点の快投

 第101回全国高校野球選手権大会第8日が13日、甲子園球場で行われ、第2試合は星稜(石川)が立命館宇治(京都)に6-3で勝利した。

 星稜は、今秋ドラフト1位候補の最速153キロ右腕・奥川を温存。2年生右腕・荻原が先発した。その荻原は5回1安打無失点と好投するも、6回から登板した寺西が掴まった。2つの四球でピンチを招くと、荒井、古賀に連続適時打を浴びて2失点、3点差に迫られた。

 さらに2死一、二塁とピンチが続くと、ここで奥川を投入。今野に左前適時打を浴びて1点を失ったが、続く高木を遊ゴロに打ち取ってピンチを切り抜けた。その後は8回に自己最速を1キロ更新する154キロを記録するなど、2回1/3、2安打無失点の快投。9回は寺沢が締めて、夏は2014年以来5年ぶりの3回戦に進出した。

 敗れた立命館宇治は、6回に3点を返す粘りを見せたが、甲子園2勝目はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)