オリ佐野、1回途中に“懲罰交代”か フライを捕球できず適時二塁打とした直後に…

オリ佐野、1回途中に“懲罰交代”か フライを捕球できず適時二塁打とした直後に…

オリックス・佐野皓大【写真:荒川祐史】

初回の第1打席では3球三振、オリックスは初回に5失点

■西武 – オリックス(13日・メットライフ)

 オリックスの佐野皓大外野手が13日の西武戦(メットライフ)に「2番・中堅」でスタメン出場したが、1回裏の守備から交代した。

 初回1死一、二塁からメヒアが放った大飛球を見失ったのか、打球は一度足を止めた佐野の前にポトリ。佐野は慌てて捕球し、送球したが間に合わず、これが適時二塁打となった。すると、ベンチからオリックス・西村監督が厳しい表情で審判に佐野の交代を告げ、代わって後藤がセンターの守備位置に就いた。佐野は「2番・中堅」でスタメン出場し、初回1死一塁の第1打席は3球三振に倒れていた。

 しかし、直後に外崎に19号3ランを浴びるなど、先発・田嶋が初回に5失点。チームは序盤から重苦しい雰囲気に包まれた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)