西武-オリックス戦で乱闘寸前の騒ぎ 後藤への死球から両軍選手が出てきて場内騒然

西武-オリックス戦で乱闘寸前の騒ぎ 後藤への死球から両軍選手が出てきて場内騒然

オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】

オリックスは初回にも福田が死球、両チームは4日にも乱闘寸前の騒ぎに

■西武 – オリックス(13日・メットライフ)

 メットライフドームでのオリックス-西武戦で、両軍の選手たちが出てくる乱闘寸前の騒ぎがあった。

 3回2死走者なしで、1回途中の守備から佐野に代わって出場していたオリックス後藤が打席へ。1ボールから西武先発・齊藤大の2球目のシンカーが、肘に直撃した。すると、西村監督がベンチから飛び出し、西武の辻監督もグラウンドへ。ブルペンから救援陣も駆けつけるなど両軍の選手が出てきて睨み合う形となり、球場は騒然となった。オリックスは初回にも先頭・福田がユニホームをかすめる死球を受けていた。

 後藤はその後、治療のためベンチ裏に下がったものの、無事に出てきて出場を続けた。試合は初回に5点を先制した西武が5-1でリードしている。両チームは、4日の京セラドームでの対戦でも西武・岡田への死球をきっかけに乱闘寸前の騒ぎとなっていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)