日ハム清宮、プロ初4番は黒星スタート「チームの顔。責任は重大」

日ハム清宮、プロ初4番は黒星スタート「チームの顔。責任は重大」

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

中田が右手母指球挫傷で抹消、高卒2年目で初めて4番を任された

■ロッテ 6-1 日本ハム(13日・東京ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手は13日、ロッテ戦(東京ドーム)で「4番・一塁」で先発出場。4番初打席となった初回の第1打席は死球。4回の第2打席で左前打を放ち、4番初安打をマークした。3打数1安打1死球だった。チームは1-6で敗れ、今季ワースト7連敗となった。

 4番の中田が右手母指球挫傷で抹消。高卒2年目の大砲がプロ102試合目で初めて4番を任された。清宮は「4番はチームの顔だと思いますし、チャンスで多く打席が回ってくるところなので責任は重大だなと思いました。でも、やることは変わらないですし、普段と同じように臨めたかなと思います」と振り返った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)