日ハム西川、東京Dを沸かせる超美守!フェンスまで猛ダッシュ→ジャンピング好捕

日ハム西川、東京Dを沸かせる超美守!フェンスまで猛ダッシュ→ジャンピング好捕

日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】

日ハム西川は17、18年と2年連続でゴールデングラブ賞を受賞している

■日本ハム – ロッテ(13日・東京ドーム)

 日本ハムの西川遥輝外野手が13日のロッテ戦で東京ドームのファンを沸かせる超美守を見せた。

 1点リードの5回先頭。中堅・西川は中村の中堅右後方へ高々と上がった打球に一目散。中堅フェンスまで駆け寄ると、最後はフェンス沿いで高くジャンプ。白球をグラブに収めて中飛とし、その場でのガッツポーズも決まった。たまらず井口監督からリクエストが要求されたが、判定は覆らなかった。17、18年のゴールデングラブ賞を受賞した27歳の好プレーに、東京ドームは大歓声に包まれた。

 抜けていれば長打は確実だった。この回のロッテの攻撃を3人で終わると、西川は3番手の村田らチームメートからハイタッチで出迎えられた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)