【高校野球】仙台育英、初回から4点奪取で2年ぶり3回戦へ 一時1点差も3投手継投で逃げ切り

【夏の甲子園】宮城県・仙台育英が徳島県・鳴門を8-5で破り、2年ぶりとなる3回戦進出

記事まとめ

  • 全国高校野球選手権大会で、宮城県・仙台育英が徳島県・鳴門の試合が行われた
  • 仙台育英は初回から4点を奪い、4回、6回、7回にも追加点をあげた
  • 鳴門は4回に1点差まで迫ったが及ばず、仙台育英が2年ぶりとなる3回戦進出を果たした

【高校野球】仙台育英、初回から4点奪取で2年ぶり3回戦へ 一時1点差も3投手継投で逃げ切り

【高校野球】仙台育英、初回から4点奪取で2年ぶり3回戦へ 一時1点差も3投手継投で逃げ切り

仙台育英(宮城)が8-5で勝利

鳴門は4回に一挙5点で1点差まで迫るも、あと一本が出ず

 第101回全国高校野球選手権大会第9日が14日、甲子園球場で行われ、第1試合は仙台育英(宮城)が鳴門(徳島)を8-5で破って3回戦進出を決めた。

 仙台育英は初回、無死一、三塁から併殺の間に先制すると、続く小濃がソロ。千葉、大栄の連打から猪股の2点適時二塁打で、6安打4得点を奪った。4回にも2点を追加すると、4回に1点差まで迫られたが6回、7回に1点ずつ追加してリードを広げた。

 先発の鈴木は3回まで1安打無失点。4回に2点を失い、さらに無死一、二塁となったところで大栄に交代。3点を追加され、1点差となったものの、同点打は許さなかった。7回からは1年生左腕・笹倉が無失点に抑えて、2年ぶりの3回戦進出となった。

 敗れた鳴門は、4回に一挙5点で1点差まで迫ったがあと一本が出ず、3年ぶりの3回戦進出はならなかった。エースの西野は、今大会でただ一人地方大会から6試合を1人で投げ抜いてきたが、8回に代打を送られて交代。スタンドからは温かい拍手が送られた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)