【高校野球】選抜準V習志野、2回に早くもエース飯塚を投入 一挙5失点で追いかける展開に

【高校野球】選抜準V習志野、2回に早くもエース飯塚を投入 一挙5失点で追いかける展開に

大会9日目第2試合は習志野(千葉)と鶴岡東(山形)が対戦

先発の山内が4失点、エース飯塚を投入もさらに1点を失う

 第101回全国高校野球選手権大会第9日が14日、甲子園球場で行われ、第2試合は習志野(千葉)と鶴岡東(山形)が対戦。選抜準優勝の習志野が2回に5点を失う展開となっている。

 習志野の先発は1回戦に続いて山内。その山内が2回に掴まった。1死一、三塁のピンチで山路にタイムリーを浴びると、2死一、二塁から影山の2点二塁打、河野の右前打で4点を先制された。ここでエースの飯塚を早くも投入。山下に初球を打たれ、さらに1点を失い、5点を追う展開となっている。

 1回戦では沖縄尚学に9回1死から逆転勝利。選抜では3度逆転勝利した“逆転の習志野”に試練が訪れている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)