ロッテ井口監督、ドラ3小島の初勝利を称賛 「チームが上に行くために必要な左腕」

ロッテ井口監督、ドラ3小島の初勝利を称賛 「チームが上に行くために必要な左腕」

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

ドラフト3位ルーキー・小島は6回4安打1失点でプロ初勝利

■ロッテ 9-4 日本ハム(14日・東京ドーム)

 ロッテは14日、東京ドームでの日本ハム戦を9-4で勝利。先発のドラフト3位ルーキー小島はが6回4安打1失点の粘投でプロ初勝利。相手先発の吉田輝星投手とのルーキー対決を投げ勝った。

 ルーキー同士の投げ合いは好対照な結果となった。ロッテ打線は初回、荻野の8号先頭打者アーチ、鈴木の14号2ランで3点を先制。さらに2回にも荻野が2打席連続の9号2ランを放ち、2回までに5点を奪うと、3回の先頭打者、鈴木が中前安打を放ったところで吉田輝が降板。代わった2番手・加藤からも3安打を放ち、3回までに7-0とリードを広げた。

 大量援護をもらった小島。疲れの見え始めた6回に1点を失ったものの、6回114球1失点。終盤リリーフ陣が3点を失ったものの、9-4でロッテが連勝。小島は登板5試合目にして、待望のプロ初勝利を挙げた。

 試合後、井口監督は「本人もだいぶ楽な気持ちで投げられたんじゃないかな。ようやく初白星がついたので、しっかりと、また次の登板に向けて頑張ってほしい。チームが上に行くために必要な左腕」と、初勝利を挙げた小島の次回登板に、早くも期待していた。

「ホームランではありましたが、いい形で援護ができた。こう言う形で、早い段階で援護ができれば、後半も楽になる」と、序盤から猛攻をみせた打線を評価した井口監督。「3連勝できるように頑張っていきたい」と、視線は早くも次戦へと向けられていた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)