日ハム清宮、代打を送られる屈辱「チャンスで凡退していた。仕方ない」

日本ハムの清宮幸太郎はロッテ戦で「4番・一塁」で先発 満塁の絶好機で代打送られる

記事まとめ

  • 日本ハムの清宮幸太郎内野手は14日、ロッテ戦で「4番・一塁」で先発出場した
  • 4点を追う8回2死満塁の絶好機で代打・横尾を送られ、試合後に「仕方ないかな」とも
  • 清宮は最初の2打席連続空振り三振に倒れたが、6回1は四球、7回には3試合連続安打も

日ハム清宮、代打を送られる屈辱「チャンスで凡退していた。仕方ない」

日ハム清宮、代打を送られる屈辱「チャンスで凡退していた。仕方ない」

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

4点を追う8回2死満塁、変則左腕・松永で代打・横尾を送られる

■ロッテ 9-4 日本ハム(14日・東京ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手は14日、ロッテ戦で「4番・一塁」で先発出場。4点を追う8回2死満塁の絶好機で代打・横尾を送られた。試合後、清宮は「(代打を出された悔しさは)もちろんですし、勝ちたかったです。ただ、チャンスで最初に凡退してしまっていたので、まぁ仕方ないかなと思います」と受け止めた。

 4-8で迎えた8回2死満塁。ネクストで控えていた清宮が首脳陣から呼び止められた。変則左腕・松永に対し、代打・横尾を送られた。ドーム内がどよめく中、高卒2年目は唇を噛んでベンチへ引き上げた。栗山監督は「あそこは仕方ないだろ。左の変形投手は。あそこは確率が悪すぎるから」と説明した。

 4番として2試合連続でスタメン出場した。初回1死一、二塁、3回2死二塁と2打席連続空振り三振に倒れたが、6回1死で四球、7回2死一塁では3試合連続安打となる右前打を放っていた。清宮は「(3、4打席は)1打席1打席の結果を踏まえて、いけたかなと思います。簡単には終わりたくないというのもありますし、1、2打席目も多少は粘れたので、そこは悪くなかったかなと思います。(代打を出された悔しさは)もちろんですし、勝ちたかったです。ただ、チャンスで最初に凡退してしまっていたので、まぁ仕方ないかなと思います」と振り返った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)