ロッテ鈴木が感じた日ハムドラ1吉田輝の可能性 「今後戦っていく上で、強敵になってくる」

ロッテ鈴木が感じた日ハムドラ1吉田輝の可能性 「今後戦っていく上で、強敵になってくる」

ロッテ・鈴木大地【写真:岩国誠】

初回の第1打席で14号2ランを放つなど吉田輝から2安打

■ロッテ 9-4 日本ハム(14日・東京ドーム)

 ロッテ・鈴木大地内野手が14日、初対戦となった日本ハム先発・吉田輝から14号2ランを放ち、昨年話題をさらったドラフト1位ルーキーにプロの洗礼を浴びせた。

 連敗ストップを託された黄金ルーキーに、初回から強烈な先制パンチを浴びせた。日本ハム先発・吉田輝のリーグ最初の対戦相手となったロッテ。先頭の荻野貴が今季4度目となる8号先頭打者弾でリードを奪うと続くマーティンが四球を選び動揺を隠せないルーキーの隙を見逃さなかったのが鈴木だ。

「ホームラン、フォアボールでバタバタしていたので、初球から行こう」と、迷いなく振り抜いた初球142キロの直球をとらえると、打球は右翼スタンドへ一直線。7月26日の対楽天戦以来、19試合ぶりとなる14号2ランで初回から一気に3点を奪った。

 初球狙いの理由はもう一つある。「交流戦とかもそうですが、データがないピッチャーだと(ボールを)見ちゃうと、あっという間に終わってしまうので、そこはもうシンプルに」。相手のボールを見ながら、いろいろ考えるのではなく、来た球に素直に反応するという、シンプルな思考で好結果につなげた。

 2回には荻野が2打席連続となる9号2ラン。これで3発5失点となった吉田輝だが、3回もマウンドへ。先頭打者は、この日2度目の対戦となる鈴木。2ボールとボールが先行したところで「1球は見てもいいかな」と、低めの直球を見逃し。「打ちには行っていましたが、自分の中でもある程度の余裕があった」という目下絶好調の3番打者は、フルカウントからの7球目、外角高め143キロの直球を中前に運び、2打数2安打。この一打で吉田輝を降板へと追い込んだ。

ルーキー右腕に「この世界ですぐに投げていること自体がすごいこと」

 吉田輝の結果だけを見れば、3回0/3、5安打3本塁打6失点。2試合連続KOで2敗目を喫した投手ということになるが、対戦した鈴木はこう捉えている。「19歳ですからね。僕は大学を経験しているので、僕が大学1年の時という考え方をすると、この世界ですぐに投げていること自体がすごいこと」と、自分自身の同時期と比較し、高卒ルーキーがこの時期に1軍の試合で登板していることに、改めて驚きの声をあげた。

「まっすぐが強いというのは聞いていましたが、現にちょっと高めのまっすぐとかは強かった」と、吉田輝の直球について語った鈴木。しかし「こちらも『簡単にやられたくない』という気持ちを持って今日の試合に入っているので」と、プロの先輩としての意地をしっかりと見せつけ、初対戦で黄金ルーキーに、強烈な先制パンチを浴びせた。

 しかし、鈴木はこうも続ける。「まだまだ多分、力は出し切れていないと思います。同一リーグで今後戦っていく上で、強敵になってくると思います。(ファームで)対戦した選手の話を多少聞いた限りでは、多分こんなもんじゃないと思っています。正直」と、警戒しつつも「また次回対戦、楽しみだなと思います」と、再び対戦するその日が来ることを、少し期待している面持ちだった。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)