女子野球の認知度アップへ―マドンナJ主将の苦悩 W杯「6連覇ではダメ」な理由

女子野球の認知度アップへ―マドンナJ主将の苦悩 W杯「6連覇ではダメ」な理由

女子野球応援企画として対談した野球女子モデルの椿梨央(右)とマドンナジャパン主将・ハナマウイの出口彩香【写真:編集部】

野球女子モデル・椿梨央が企業チームでマドンナジャパン主将・ハナマウイの出口彩香をインタビュー

 軟式女子野球クラブチームで全国優勝の経験のあるモデル・椿梨央が、昨年、W杯6連覇を果たしたマドンナジャパンの主将・出口彩香内野手にインタビュー。現在、全日本硬式野球選手権で初優勝した企業チーム・ハナマウイに所属しているトップ選手に、女子野球への思いを聞いた。

――私(椿梨央)は女子プロ野球選手を目指していた時期もありました。遊撃手だったので出口選手に憧れていました。昨年のワールドカップでも日本代表の主将をされていましたが、チームをまとめる上で大事なことは何ですか?

出口「自分のプレースタイルを崩さないようにすることです。学生の頃から、主将など何かしらの役割があったのですが(監督やコーチは)自分のいいところがあるから、主将にしてくれたと思っているので、思い通りにやることが大事かな、と。あとは、メリハリをしっかりつける。ふざけるとこはふざけてもいい。野球をするときにしっかりとやればいい。そこは意識をしています」

――出口選手は打撃も守備も能力が高い!と思って見ていたので、参考にしていました。打撃と守備がどちらが好きですか?

出口「守備ですかね……。中学の時に、守備を鍛えられて、好きになりました。リズム良く入ることを心掛けています。後ろにそらさなければアウトにできると思っています」

――体で止める派ですか?

出口「とりあえず、前に落とします(笑)」

――わかります! 私もそうでした。出口選手はショートバウンドの捕球がめちゃくちゃうまいと思ってます。自信のある人のプレーですよね。

出口「ありますね(笑)。自信がないとプレーに出てしまうので。『絶対に大丈夫!』という変な自信があります。心の中で“やばい”と思っていも、周りに影響が出るので見せません!」

――守る時、結構、“股”開きますよね? 私もショートだったので参考にしていました。

出口「結構開きます(笑)。基礎として教わってきました」

――打撃なんですが、コンパクトにスイングするために、バットを短くしていた時期があったと思います。今は長打を打つスタイルに変わっていますか?

出口「長打を打つ!というより、外野手の間を抜くようなイメージ。コンパクトに打つ意識です。最近は長打を狙わないといけないかなと思うようになってはいます。女子も昔と違って、ホームランを打てる時代ですから、上にいくためには目指さないといけないですね」

認知度向上には「連覇し続けることが大事、継続していかないといけない」

――出口選手はマドンナジャパンで世界一を3度経験されていますが、海外のチームより日本が優っているところはどこですか?

出口「パワーでは負けていると思うのですが、細かいプレーや諦めない気持ちは日本は負けないですね。それから雑なプレーも日本は少ない。日本の方が堅実です。海外は守備から崩れて行ってしまうチームもあります」

――私自身、悔しいのですが、ワールドカップで6連覇しているのに日本の女子野球の認知度が低いと思うんです。私も「女子野球やっていました!」と言っても「そんなのあるの?」と言われて悲しい。徐々に徐々に認知度を上げたいと思っています。そのあたり、どのようにお考えになってますか?

出口「男子のプロ野球のように、先があれば夢を持ってやれると思うんです。今は女子プロ野球以外に、私たちのような企業チームも増えています。社会人でもっともっと野球を続けられる環境ができればいい。国際大会も同じです。連覇し続けることが大事です。まだ6連覇ではダメ。継続していかないといけません。そうすることが先につながって、子供たちの夢につながる」

――イチロー選手みたいになりたい!という男子選手がいるように、出口選手みたいになりたい!という少女が増えてくると思います。私も女子野球界を盛り上げられるよう、一緒にがんばっていけたらなと思います。

出口「頑張りましょう!」(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)