日ハム、中田離脱で得点力減…2年ぶり9連敗で5位転落 ロッテは単独4位に

日ハム、中田離脱で得点力減…2年ぶり9連敗で5位転落 ロッテは単独4位に

日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

ロッテは3連勝 平沢がタイムリー2本

■ロッテ 6-0 日本ハム(15日・東京ドーム)

 日本ハムは15日、東京ドームで行われたロッテ戦で0-6で完封負け。2年ぶりの9連敗で5位に転落した。ロッテは3連勝で単独4位に浮上した。

 得点力不足が深刻だ。5回1死一、三塁の好機で清水、中島が凡退。清宮を4番、田中賢を6番に起用した打線は4安打と元気がなかった。清宮は4打数無安打3三振。9連敗中は完封負けが3度目で、チーム18得点。右手母指球部挫傷で離脱した主砲・中田不在の影響をもろに受けている。先発の杉浦は2回に荻野の3点二塁打で先制されるなど4回6安打4失点。3敗目を喫した。借金2で、9連敗は栗山政権下ではワーストの10連敗した17年4月14〜26日以来2年ぶりだ。

 ロッテは今季3度目の同一カード3連勝。勝率5割に復帰した。2回に荻野の3点二塁打で先制すると、9番・平沢は2安打2打点と躍動した。先発の佐々木が5回3安打無失点に抑えて、2勝目を挙げた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)