日ハム清宮、4番初の無安打「チャンスで打たなきゃダメだなと。責任を感じました」

日ハム清宮、4番初の無安打「チャンスで打たなきゃダメだなと。責任を感じました」

日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】

4番就任後は10打数2安打5三振

■ロッテ 6-0 日本ハム(15日・東京ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手は15日、ロッテ戦で「4番・左翼」で先発出場。4打数無安打3三振で、4試合ぶり無安打に終わった。4番就任後は3試合目で初の無安打。「やっぱりチャンスでたくさん回ってきますし、打たなきゃダメだなと。(4番の)責任を感じました」と振り返った。

 先発の佐々木に対し、2回先頭は空振り三振、4回2死は一ゴロに倒れた。7回先頭は空振り三振、9回無死一塁は見逃し三振に倒れた。4番就任後は計10打数2安打5三振で、打率.183。「来る球種は分かっていたが、丁寧にやられてしまったなという感じですね」と振り返った。試合後はアイシングをした左足を引きずって球場を後にした。「大丈夫です。病院には行かないです」と軽症を強調した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)