【MLB】7回零封10Kも5勝目消えたダルビッシュ、衝撃サヨナラ負けに「これが野球」

【MLB】7回零封10Kも5勝目消えたダルビッシュ、衝撃サヨナラ負けに「これが野球」

敵地でのフィリーズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7回無失点の好投も「4回以降はメカニックが乱れ始めていた」

■フィリーズ 7-5 カブス(日本時間16日・フィラデルフィア)

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、敵地フィリーズ戦に先発し、7回無失点と好投した。毎回の10三振を奪い、4試合連続の無四球投球。救援陣が大逆転サヨナラ負けを喫し、5勝目は消滅したものの、7回までフィリーズ打線を無失点に封じる好投だった。

 初回を無失点に切り抜けたダルビッシュは2回も3者凡退に。3回は2死二塁のピンチを背負ったが、強打者のハーパーを3球三振に仕留めた。4回も先頭リアルミュートに二塁打を浴びながら、後続を断って無失点。7回まで投げて4安打無失点。2つの死球こそ与えたものの、4試合連続で無四球と大きく崩れることはなかった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のカブス番ジェシー・ロジャース氏はダルビッシュの試合後のコメントを伝えた。5勝目を逃すこととなったダルビッシュは「僕たちは負けてしまった。負けたときは、いつもがっかりするもの。しかし、そうなってしまうときもある。これは野球なのだから」とコメントした。

 自身の投球については、中盤からやや苦しんでいたことを明かし「特に4回以降、(投球の)メカニックが乱れ始めていた。それに制球力も失っていた。チームにとって(降板は)良い決断だったと思う。フォーシームはベストの状態ではなかった。スプリットとカッターは効果的だったと思う」と語っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)