【MLB】大谷翔平、打球速度175キロの弾丸二塁打 初球を捉えて6試合連続安打

【MLB】大谷翔平、打球速度175キロの弾丸二塁打 初球を捉えて6試合連続安打

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

7試合連続で「3番・DH」でスタメン出場

■エンゼルス – Wソックス(日本時間16日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、本拠地エンゼルスタジアムでのホワイトソックス戦に「3番・DH」で7試合連続でスタメン出場し、初回の第1打席で6試合連続安打となる二塁打を放った。

 ホワイトソックスの先発は右腕レイナルド・ロペス投手。最速99.8マイル(約160.6キロ)を誇る剛腕の初球を捉えると、弾丸ライナーで左中間を破る二塁打に。この一打は打球速度109マイル(約175.4キロ)を記録し、痛烈な一打となった。今季15本目となる二塁打で連続試合安打を6試合に伸ばした。

 大谷は14日(同15日)のパイレーツ戦で第1打席に痛烈な右前安打を放ち、5試合連続安打。8回の第4打席でも中前安打を放ち、3打数2安打1四球で今季28度目のマルチ安打をマークして打率を.294に上昇させた。その一方で、今季最長ブランクとなる60打席本塁打なし。この日の第1打席で本塁打が出ず、昨年5月18日のレイズ戦から7月7日のドジャース戦までの61打席に並ぶ、自身メジャー最長ブランクとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)