【高校野球】中京学院大中京が7回にビッグイニング! 7得点で東海大相模を逆転、44年ぶりの8強なるか

【高校野球】中京学院大中京が7回にビッグイニング! 7得点で東海大相模を逆転、44年ぶりの8強なるか

10日目第2試合は東海大相模(神奈川)と中京学院大中京(岐阜)が対戦

東海大相模は神奈川大会から9試合目で初めてリードを許す展開

 第101回全国高校野球選手権大会第10日が16日、甲子園球場で行われ、第2試合では東海大相模(神奈川)と中京学院大中京(岐阜)が対戦。中京学院大中京が7回に8安打7得点で逆転に成功した。

 中京学院大中京は2点を追う7回、二村の右前打、高畑の二塁打、申原の適時左前打の3連打で1点を返す。さらに1死一、三塁から藤田の中前打で同点、小田の右前打で逆転すると、不後の適時二塁打、井上の内野安打と4連打。2死二、三塁から二村の2点適時二塁打で一挙8安打7得点を奪った。

 勝てば中京商時代の1975年以来、44年ぶりの8強進出となる。東海大相模は神奈川大会から9試合目にして初めてリードを許す展開となっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)