【高校野球】中京学院大中京、2回に1点を先制も… エース不後が右肩に死球→その後も続投

【高校野球】中京学院大中京、2回に1点を先制も… エース不後が右肩に死球→その後も続投

10日目第2試合は東海大相模(神奈川)と中京学院大中京(岐阜)が対戦

東海大相模は神奈川大会から9試合目で初めて先制許す

 第101回全国高校野球選手権大会第10日が16日、甲子園球場で行われ、第2試合は東海大相模(神奈川)と中京学院大中京(岐阜)が対戦。中京学院大中京が2回に1点を先制するも、エース不後が死球を右肩に受けた。

 中京学院大中京は2回、藤田のヒット、小田の二塁打で無死二、三塁のチャンス。ここでエースの不後が右肩に死球を受けて無死満塁。2死から二村の左前打で1点を先制した。“先行逃げ切り”が持ち味の東海大相模は、神奈川大会から9試合目にして初めて先制を許している。

 死球を受けた不後は、2回も続投。影響を感じさせない投球で、空振り三振、二ゴロ、見逃し三振の3者凡退に打ち取った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)