元広島エルドレッド氏、“カープギター”で熱唱にファン感激「泣ける」「カープ愛が…」

元広島エルドレッド氏、“カープギター”で熱唱にファン感激「泣ける」「カープ愛が…」

昨季まで広島に所属したブラッド・エルドレッド氏【写真:荒川祐史】

自身のインスタで動画を公開、日本のファンが続々反応「エルちゃんが必要」

 元広島のブラッド・エルドレッド氏が自身のインスタグラムを約3か月ぶりに更新し、変わらぬ“カープ愛”を披露した。自宅と思われる室内で、“カープギター”を弾きながら熱唱する動画を公開。日本の広島ファンからは「泣ける」などと感激のコメントが付いている。

 エルドレッド氏がインスタを更新したのは、5月10日以来。自宅と思われる室内でカープのロゴが入ったギターを弾き、熱唱している。その後映し出された少女もカープTシャツを着用しており、家族全員が今でも深い“カープ愛”を持っていることが伝わってくる。

 インスタで「子供たちに本当の音楽を教えているんだ!」と綴ったエルドレッド氏。コメント欄には、日本語での投稿も多く見られた。

「カープにはエルちゃんが必要なんです」
「このタイミングでブラッド泣けるーー」
「大好きなエルドレッド」
「かえってきてほしいー!」
「エルが帰って来るの、いつでも待っとるけぇね!!」
「カントリーパパのカープ愛が〜…また、広島に戻って来て欲しいな!!」
「かっこいい」

 約3か月ぶりの更新で、久々にエルドレッドの姿を見られたことに感動したファンが多かった様子。また、今でも“広島復帰”を熱望する声は多い。エルドレッドと広島ファンの“相思相愛”の関係は変わらないようだ。

 エルドレッド氏は2012年に広島に加入し、7年間で通算133本塁打、370打点をマーク。昨季は38試合出場、打率.213、5本塁打、14打点に終わり、オフに2019年の契約を結ばないことが発表されていたが、豪快な打撃と飾らない人柄で在籍時代から絶大な人気を誇った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)