日ハム栗山監督、“不変”の4番・清宮「アナリストは理解できるけど、魂が大事」

日ハム栗山監督、“不変”の4番・清宮「アナリストは理解できるけど、魂が大事」

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

栗山政権下ワースト10連敗にあと1に迫っている「こんなチャンスはない」

■日本ハム – 楽天(17日・札幌ドーム)

 2年ぶり9連敗中の日本ハム・栗山英樹監督がピンチをチャンスに変えるため大胆に動く。17日の本拠地・楽天戦前に「このチャンスを逃しちゃダメなんだ。(こういう時は)なんか無難な方、無難な方に引っ張られていくものだけど、こんなチャンスはないから」と苦境だからこそセオリーにとらわれない一手を打つ。

 13日ロッテ戦(東京ドーム)から高卒2年目の清宮幸太郎内野手を4番に据えている。打順について質問されると「アナリストたちといろいろ話をした。言っていることは理解できるけど、それよりも今は魂の方が大事かなと思ってやっている。チームが落ち着けば、またいろんなことを考える」と答えた。

 指揮官が考えているのは、目の前の1勝ではなく、日本一になるための方策だ。「今日ひとつ勝てばいいということではない。最後までに何勝できているのかが大事」と大きな流れを生み出すつもりだ。

 先発オーダーは次のとおり。

【日本ハム】
1(中)西川
2(右)大田
3(左)近藤
4(一)清宮
5(二)渡邉
6(DH)王柏融
7(捕)宇佐見
8(三)横尾
9(遊)中島
投手 有原

【楽天】
1(遊)茂木
2(左)島内
3(二)浅村
4(DH)ブラッシュ
5(一)銀次
6(右)和田
7(三)ウィーラー
8(中)辰己
9(捕)太田
投手 菅原(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)