オリックス西野、走塁中に負傷し交代「右ハムストリングスに痛み」

オリックス西野、走塁中に負傷し交代「右ハムストリングスに痛み」

オリックス・西野真弘【写真:荒川祐史】

安達も疲労による体調不良で交代

■オリックス – ロッテ(17日・京セラドーム)

 オリックスは17日のロッテ戦(京セラ)で西野真弘内野手が6回の走塁の際に右ハムストリングスに痛みを訴えたため途中交代したと発表した。現在はアイシングで様子を見ているという。

 この日の試合に「2番・三塁」でスタメン出場した西野は6回、1死一、三塁から放った遊併殺打で一塁ベースを駆け抜けた際に負傷した模様。7回の守備からは小島がサードの位置についている。オリックスはこの日、「7番・遊撃」でスタメン出場していた安達が疲労による体調不良のため4回から退いていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)