【MLB】田中将大、“勝負球”スプリット復活 敵将お手上げ「かなりの見分けにくさがある」

【MLB】田中将大、“勝負球”スプリット復活 敵将お手上げ「かなりの見分けにくさがある」

9勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

本拠地インディアンス戦で7回途中4安打2失点 日本人初6年連続2桁勝利へ王手

■ヤンキース 3-2 インディアンス(日本時間17日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は16日(日本時間17日)、本拠地インディアンス戦で7回途中4安打2失点2奪三振無四球と好投し、自身2連勝で今季9勝目(6敗)を挙げた。日本人メジャーリーガーとして初の6年連続2桁勝利、NPB時代からは11年連続の2桁勝利に王手をかけた。

 田中は初回を9球で3者凡退に仕留めると、ヤンキースはその裏にサンチェス、トーレスのタイムリーで2点を先制。田中は2回1死からラミレスに20号ソロを浴びたが、後続を断った。3、4回も3者凡退。5回も無失点に抑えると、打線がその裏にウルシェラのタイムリーで貴重な追加点を奪った。

 6回を再び3者凡退に抑えた田中は、7回にプイグにソロ弾を浴び、続くラミレスに右翼線への二塁打を浴びたところで降板。ニューヨークのファンからスタンディングオベーションを浴びた。救援陣も好投し、ヤンキースは勝利した。

 インディアンスを率いる名将も称賛する投球だった。レッドソックス時代の04、07年にワールドシリーズを制し、歴代19位の通算1647勝を挙げているテリー・フランコーナ監督は敵地メディア「クリーブランド.com」で「もしストライクゾーンを外れる低めの球に手を出したら、我々は苦しめられることになると分かっていた。『言うは易く行うは難し』というわけだ。なぜなら彼のオフスピードピッチ(スプリット)にはかなりの見分けにくさがある。彼は非常に効果的な投球をしていた」と称賛している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)