鷹・千賀、1イニング9失点も意地の続投 西武打線の猛攻に遭い呆然も、3回もマウンドへ

鷹・千賀、1イニング9失点も意地の続投 西武打線の猛攻に遭い呆然も、3回もマウンドへ

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

西武は山川の適時打を皮切りに、栗山の3ランなど6安打3四死球で9点奪う

■ソフトバンク – 西武(17日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの千賀滉大投手が、1イニング9失点と炎上した。17日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦。2位との直接対決で先発した右腕は2回に山賊打線につかまり、大量9失点。それでも、3回もマウンドに上がり、意地の続投となった。

 2回、1死から栗山、外崎、山川に3連打を許して1点を失うと、木村に四球を与えて満塁に。秋山には押し出しの死球を与えると、源田の一塁線のゴロを内川が取れずに2点適時二塁打となった。さらに森に四球を与え、打者一巡した中村には左前へ2点適時打。続く栗山には右翼スタンドへと飛び込む7号3ランを浴び、マウンド上で千賀は呆然。この回大量9点を失う大炎上となった。

 それでも、千賀は降板とはならず、3回にもマウンドへ。山川を遊ゴロに打ち取ると、メヒアは空振り三振、そして木村を右飛に打ち取り、3者凡退に封じた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)