ホークス千賀が9失点の大炎上 工藤監督「これが続くとは思っていない」

ホークス千賀が9失点の大炎上 工藤監督「これが続くとは思っていない」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

2戦連続欠場のデスパイネは「練習でも良くなかった。また報告を聞いて考えます」

■西武 13-8 ソフトバンク(17日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは17日、先発の千賀滉大が2回に一挙9失点の背信投球。2位・西武との直接対決初戦に大敗し、ゲーム差は「4」に縮まった。

 2回、1死からの3連打で1点を失った千賀はメヒアを三振に斬って2死を奪った。しかし、そこから四球で満塁とすると押し出し死球、2点二塁打、四球、2点打、3ランで一挙9失点。千賀は3回表を3者凡退に抑えたところで降板した。

 試合後、工藤公康監督は「コントロールはちょっとわかりませんが、いつもとスピードは変わっていないと思っていたんですけど。3、4点はあってもあそこまではね……」と、少し戸惑いながら千賀の投球を振り返った。続けて「体調の問題ではないと聞いているので、これが続くとは思っていません。次も同じようになることはないでしょう。言い方は難しいですが、大事な一戦でもあったんで、それは本人も分かっていたと思います。また1週間の過ごし方をしっかりと考えてやってもらえたらと思います」と話した。

 7回まで高橋光成に散発3安打に抑えられていた打線は、8回に今宮健太の13号ソロから反撃。明石健志の3号3ランで高橋光を降板させ、9回にも2点を奪うなど、終盤2イニングで8得点。それでも千賀が失った9点にも届かなかった。工藤監督は「左打者が続く中でヒットも出たし、四球でも繋げた。今日は終わったので、しっかり切り替えていきましょう」と懸命に前を向いた。

 なお、2試合連続での欠場となったデスパイネについては「練習でも良くなかったということなので、また報告を聞いて考えます」とした。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)