西武が球団タイの9戦連続2桁安打 山賊打線が爆発、1イニング9得点などで千賀をKO

西武が球団タイの9戦連続2桁安打 山賊打線が爆発、1イニング9得点などで千賀をKO

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

2回に6安打3四死球で大量9得点を奪った西武打線

■ソフトバンク – 西武(17日・ヤフオクドーム)

 西武が9試合連続2桁安打の球団タイ記録に並んだ。17日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2回に打者一巡の猛攻で9得点を奪うなど打線が爆発し、6回で2桁10安打に到達して球団タイ記録となった。

 山賊打線がこの日も繋がった。2回、栗山、外崎、山川の3連打で1点を先制すると、そこから打線が大爆発。源田の2点適時二塁打、中村の適時打、栗山の3ランなどが次々に飛び出して、この回9失点。今季2試合で1点も奪えていなかったソフトバンク先発の千賀を3回でノックアウトした。

 4回にも2点を追加すると、6回には中村に2ランが飛び出してさらに2点を追加。栗山がこの日3安打目となる中前安打を放って、チーム安打数が10本に。これで9試合連続2桁安打となり、球団タイ記録に並んだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)