【高校野球】7回以降に驚異の得点率、3試合連続逆転勝利の中京学院大中京 データで楽しむ夏の甲子園【第12日・第1、第2試合】

【高校野球】7回以降に驚異の得点率、3試合連続逆転勝利の中京学院大中京 データで楽しむ夏の甲子園【第12日・第1、第2試合】

明石商(兵庫)と中京学院大中京(岐阜)がベスト4進出を決めた

チームを落ち着かせた明石商・中森の投球

 準々決勝を迎えた夏の全国高校野球選手権大会第12日。第1、第2試合をセイバーメトリクスの指標で振り返ります。

 使用している指標の説明は以下の通りとなっています。

OPS 出塁率+長打率 1を超えると優れている
wOBA 各プレーの得点価値を累積して算出した打撃指標
O-swing% ボールゾーンに来た球をスイングした割合
Z-swing% ストライクゾーンに来た球をスイングした割合
Swing% スイングした割合
O-contact% ボールゾーンに来た球をスイングした際にバットにボールが当たった割合
Z-contact% ストライクゾーンに来た球をスイングした際にバットにボールが当たった割合
Contact% スイングした際にバットにボールが当たった割合
Zone% ストライクゾーンを球が通過した割合
SwStr% 空振り率
WHIP 1イニングあたりに許したランナーの数
P/IP 1イニングあたりに投球した球の数
GB/FB フライに対するゴロの割合

○明石商 7-6 八戸学院光星

【明石商】
打率.267 OPS.803 wOBA.371   
O-swing% 20.2% Z-swing% 54.2% Swing% 35.4%
O-contact% 72.2% Z-contact% 92.3% Contact% 86.0%
Zone% 44.7% SwStr% 5.0%

【八戸学院光星】
打率.250 OPS.710 wOBA.397
O-swing% 23.3% Z-swing% 55.4% Swing% 36.7%
O-contact% 62.5% Z-contact% 90.2% Contact% 80.0%
Zone% 41.8% SwStr% 7.3%

明石商・中森俊介投手の各指標
2回1/3 打者数9 投球数37
WHIP 0.43 P/IP 15.86  GB/FB 0.75
ストレート 割合 59.5% Zone% 50.0% 空振り率 13.6%
スライダー   割合 16.2% Zone% 50.0% 空振り率 0%
チェンジアップ 割合 21.6% Zone% 0% 空振り率 12.5%
フォーク 割合 2.7% Zone% 0% 空振り率 100%
ストレート平均球速 146.2キロ   
全投球中の空振り率 21.2% 外角割合 58.9%

 両チームとも8安打ですが、与えた四球も8つずつと、連戦の疲れからか、それとも準々決勝という舞台がもたらす緊張感からか、制球が定まらない状態で試合が進みます。その結果、明石商投手陣のZone%は41.8%、八戸学院光星は44.7%という数値になり、与四死球を量産してしまいます。

 その状況を打破し、試合を引き締めたのが、明石商の3番手・中森投手です。7回2死三塁という逆転のピンチでの登板でしたが、登板するなり150キロ台のストレートを3球ほど披露。ストレートで一邪飛に打ち取り、浮き足立ちかねないチームを落ち着かせます。

 その後もストレートを主体に、ストレートと20キロ以上の球速差があるスライダーやチェンジアップを織り交ぜた投球で無四球2奪三振無失点の好投。選抜に続くベスト4進出を呼び込みました。

中京学院大中京・元は投打に活躍

○中京学院大中京 6-3 作新学院

【中京学院大中京】
打率.310 OPS.942 wOBA.418
O-swing% 20.3%  Z-swing% 64.8%  Swing% 39.1%
O-contact% 73.3%  Z-contact% 91.4%  Contact% 86.0%
Zone% 42.2%  SwStr% 5.5%

【作新学院】
打率.206 OPS.584 wOBA.298 
O-swing% 19.4%  Z-swing% 58.2%   Swing% 38.8%
O-contact% 69.2%  Z-contact% 92.3%  Contact% 86.5%
Zone% 50.0%  SwStr% 5.2%

中京学院大中京・元謙太投手の各指標
4回2/3 打者数18 投球数65
WHIP 0.86  P/IP 13.93   GB/FB 1.14
Zone% 49.2% 空振り率 1.5%
ストレート 52.3% スライダー 24.6%

 6回までのイニング平均得点が0.08点、7回以降のイニング平均得点が2点と、ラスト3イニングでの得点が集中している中京学院大中京。この試合でも7回以降に6点を挙げ、逆転勝利で学校創立以来初のベスト4進出を決めました。

6回まで 打率.238 出塁率.333 OPS.635  
イニング平均得点 0.056 (18イニング1得点)
7回以降 打率.488 出塁率.553 OPS 1.236  
イニング平均得点 2.57 (7イニング18得点)

 このように、7回を境にまるで別のチームのような違いを見せています。7回以降、試合当初ほどの威力がなくなったり、制球が甘くなったりする投手の投球を見逃さずにスイングしている様子が伺えます。

 この試合でも、投打に活躍する元謙太選手が8回無死満塁で、作新学院・坂主投手が立て続けに投げたストレートの4球目、135キロのど真ん中を軽快にスイング。逆転満塁ホームランとなりました。投手としても2度の登板で4回2/3でWHIPが0.86、無失点と投打で勝利に貢献しました。鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、テレビ・ラジオ番組の監修などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。

関連記事(外部サイト)