西武・辻監督、鷹リリーフ陣に脱帽「やっぱり力ある」逆転負け、連続2桁安打も止まる

西武・辻監督、鷹リリーフ陣に脱帽「やっぱり力ある」逆転負け、連続2桁安打も止まる

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

7回に平井がつかまって逆転され、首位との差は5ゲームに逆戻り

■ソフトバンク 5-4 西武(18日・ヤフオクドーム)

 西武は痛恨の逆転負けを喫した。18日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。中盤に一度は逆転しながらも、7回にセットアッパーの平井が逆転を許した。その差を5ゲームに再び広げられた辻発彦監督は「5点目を先に取れなかったのが苦しくなった」と振り返った。

 先発の十亀が3回まで毎回1点ずつを失い、3点のリードを奪われた。それでも4回に中村、栗山、外崎の3連打で2点を返した。5回には3連続四死球をもらい、そのうち2つが押し出しに。2点を貰い、逆転に成功した。だが、7回にセットアッパーの平井が松田宣、明石に連続適時二塁打を浴びて、再逆転を許した。

 辻監督は「あとで点が取れなかった。5点目を先に取れなかったのが苦しくなった」と逆転に成功した後、追加点を奪ってリードを広げられなかったことを敗因に挙げた。6回以降は甲斐野、高橋純に6連続三振を奪われるなど、ソフトバンクのリリーフ陣に抑え込まれ、指揮官は「あの中継ぎ陣は凄いな。やっぱり力あるわ」と感服。7安打に終わり、球団タイ記録の9試合続いていた2桁安打もストップ。首位との差は5ゲームに逆戻りとなった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)