【MLB】大谷翔平の“右手一本”16号にファン大興奮 「クレイジーなくらい力強い」

エンゼルス・大谷翔平が74打席ぶりの16号本塁打 米ファンが「クレイジー」とコメント

記事まとめ

  • エンゼルス・大谷翔平がホワイトソックス戦で2試合ぶりに先発出場を果たした
  • 大谷翔平は7回の第4打席で、74打席ぶりとなる16号本塁打を『右手一本』で放った
  • この本塁打の動画が公開され、ファンから「クレイジー」などのコメントが寄せられた

【MLB】大谷翔平の“右手一本”16号にファン大興奮 「クレイジーなくらい力強い」

【MLB】大谷翔平の“右手一本”16号にファン大興奮 「クレイジーなくらい力強い」

16号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

連続試合安打をメジャー自己最長の9に伸ばし、打率.299と3割も目前

エンゼルス 9-2 Wソックス(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のホワイトソックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場。7回の第4打席で16号2ランを放った。球団公式インスタグラムが動画で紹介すると、自己最長ブランクの19試合74打席ぶりの本塁打にファンも大興奮のコメントを寄せている。

 5-1で迎えた7回無死一塁。大谷は2ボール2ストライクから左腕デトワイラーの88.3マイル(約142キロ)の外角カットボールを捉え、バックスクリーンへアーチをかけた。7月27日の本拠地オリオールズ戦の第2打席で放って以来の一発だった。

 球団公式インスタグラムが「これがショウビジネスだ!」と動画を公開すると、久々の一発にファンの大興奮のコメントが寄せられた。

「待っていた!!!」

「ショウタイム!!」

「この男はクレイジーなくらい力強い」

「どうやって」

「久しぶりだね」

「これを続けて」

「オオタニとフレッチャーの握手が最高にキュート」

 8回の第5打席では一塁内野安打を放ち、5打数2安打2打点1得点1三振。今季30度目のマルチ安打をマークした。10日の敵地レッドソックス戦からの連続試合安打をメジャー自己最長の9に伸ばし、打率.299と3割も目前。大谷の久々アーチにファンも大喜びだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)