“山本昌2世”を目指す中日福が得たケガの功名 「あの地獄に比べたら、まだ楽」

“山本昌2世”を目指す中日福が得たケガの功名 「あの地獄に比べたら、まだ楽」

中日・福敬登【写真:荒川祐史】

プロ2年目の9月に「関節唇」を損傷、育成契約から再び支配下に復帰し今季は方程式の一角に

 張りつめた場面で登板を告げられても、心は落ち着き払っている。「ここで抑えるので、査定担当の方は見ていてください」なんて考える余裕ものぞく。中日4年目の福敬登投手が、勝利の方程式の一角を担うようになってから2か月近くが経った。初めて味わう重圧の中で結果が残せているのは、選手生命を脅かされた辛酸の日々があったからだという。

 いま振り返っても思う。「地獄にいるようでした」。プロ2年目の2017年9月、1軍の試合で左肩が悲鳴を上げた。関節を安定させ、クッションの役割を果たす「関節唇」を損傷。左腕を動かせないように吊って生活する日々が続いた。絶対安静を言い渡され、走ることすらできない。ナゴヤ球場でのリハビリで毎日1時間ほど散歩すると、2軍の試合中にも関わらず「帰っていいよ」と言われた。

「何もできないままプロ人生が終わるのかって思うのは、本当にきつかった」

 その年のオフに育成契約に。翌18年7月には再び支配下契約を勝ち取ったものの、ほぼ1軍の戦力にはなれなかった。不安定な立場と向き合う中、自らを奮い立たせる存在がいたことはありがたかった。新人時代から交際していた1歳上の千史さんと今年3月に結婚。福は、神奈川出身の愛妻とリハビリ中に交わした何気ない会話を思い出す。

「奥さんはベイスターズが好きで、家にいても『DeNAの試合を見ていい?』って言ってくるんです。それが悔しくて、絶対に俺が投げてる試合をすぐ見せたるからなってモチベーションになりました(笑)」

 そして故障以来、初めて万全で迎えた今季。5月に1軍昇格してからは、がむしゃらだった。「2軍に落とされないようにって変なプレッシャーがありました」。敗戦処理で結果を残し続け、気が付けばリードした6回や7回に声が掛かるようになった。これまでとは比べものにならない重責を感じる立場だが、福の意識は全く違った。

「打たれたら自分のせいにできる。ケガして何もできない時は、誰のせいにすればいいかも分からなかった。あの地獄に比べたら、まだ楽だと考えるようにしました」

憧れの山本昌氏の背番号「34」を背負う「もはや自分の中で神格化しています」

 あえて気負わない独自のスタイルは奏功した。心の余裕は視野を広げ「マウンドから、打者が何を待っているか分かる時も出てきました」。7月以降、22試合に登板して12ホールド、防御率1.57(8月19日時点)。下位に沈むチームが正念場を迎える中、8回のロドリゲス、9回の新守護神・岡田へと繋ぐ役目を担った。

 故障を経て、心持ちとともに投球スタイルも変化した。多少の制球には目をつぶった「イケイケドンドンのパワーピッチャー」の自分はいない。それでも、持ち味のひとつである直球は、1年目の最速と変わらない147キロを計測。「納得いく球をコースに投げ切れるようにはなってきました」とうなずく。

 ずしりと重い背番号「34」は、少しは似合ってきただろうか。50歳まで現役を続けたレジェンド左腕・山本昌さんは、憧れであり目標。新人研修で講演を聞いた際には一言一句逃さずに書き留め、要点を清書して寮の自室に掲げていた。その言葉の中には、こんな一文もあった。

「苦しい時は多々ある。しかし、それをやらないとプロとして生活はできない」

 その通りだった。乗り越えたからこそ、道は開けた。

 球場で会うといつも声を掛けてくれる偉大な先輩の存在は、今でもまぶしすぎる。「もはや自分の中で神格化しています」。そんな“神”から少しでも学び取ろうと最近、伝家の宝刀「スクリュー」の投げ方を本格的に教わった。「マサさんのスクリューは本当に難しい」と習得には時間がかかりそうだが、成長の種を見つけようと余念はない。

 福の投球フォームが、どことなく自身と似ていると周囲から言われた山本さんは「うれしいですね」と言ったという。それを人づてに聞いた福は、子どものように喜んだ。飛躍の光が見えた4年目。「まずはシーズン終わるまでしっかり今の場所で投げ続けることです」。ケガの功名から生まれた気構えを武器に、背番号「34」の後継者としてふさわしいだけの存在感をまとっていく。(小西亮 / Ryo Konishi)

関連記事(外部サイト)