決勝進出の履正社は0人…侍ジャパンU-18高校代表に入らなかった主な有力選手は?

決勝進出の履正社は0人…侍ジャパンU-18高校代表に入らなかった主な有力選手は?

星稜・内山、横浜・及川、智弁和歌山・東妻(左から)らはU-18代表に入らず【写真:沢井史】

星稜の奥川や大船渡の佐々木らが選ばれる一方で…

 NPBエンタープライズは20日、30日から9月8日まで韓国で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表のメンバー20人を発表した。夏の甲子園初優勝に王手をかけた星稜(石川)のエース奥川恭伸投手や、大船渡(岩手)の163キロ右腕・佐々木朗希投手らが選出された。

 この他に投手では智弁和歌山のエース池田陽佑投手や津田学園の前佑囲斗投手、習志野の飯塚脩人投手、近江の林優樹投手らが選出。また、創志学園の西純矢投手や興南の宮城大弥投手といった夏の甲子園未出場組も選ばれた。

 野手では奥川とバッテリーを組む強肩捕手の星稜・山瀬慎之助捕手や八戸学院光星の武岡龍世内野手、花咲徳栄の韮沢雄也内野手、東海大相模の遠藤成内野手らが選出。甲子園未出場組では選抜優勝校の東邦から石川昂弥内野手、熊田任洋内野手もメンバー入りした。

 一方で、初の決勝進出を果たし、優勝に王手をかけた履正社からは1人も選ばれないなど、今夏の甲子園を沸かせた有望選手たちで、そのメンバーから漏れた選手たちもいる。そこで、ここでは今回の侍ジャパンU-18代表に入らなかった主な有力選手を見てみたい。(※は甲子園未出場)

○投手
西舘勇陽(花巻東)
清水大成(履正社)
中森俊介(明石商)
※及川雅貴(横浜)
※井上広輝(日大三)

 投手では佐々木、奥川、西とともに「高校四天王」と称された横浜の及川が4人で唯一、メンバーから漏れた。今夏は神奈川大会準々決勝で相模原に敗れていた。決勝に進んだ履正社の清水、4強の明石商の2年生エース中森らも選ばれなかった。

野手でメンバーに入らなかったのは…

○捕手
東妻純平(智弁和歌山)

 捕手では3回戦で星稜に敗れた智弁和歌山の東妻が選ばれなかった。強打の捕手として2回戦の明徳義塾戦では7回に本塁打を放つなど、3試合で13打数5安打1本塁打3打点、打率.385の成績を残していた。

○内野手
黒川史陽(智弁和歌山)
杉田翔太郎(敦賀気比)
内山壮真(星稜)

 内野手では、強打の智弁和歌山でリードオフマンとして東妻とともにチームの中心を担った黒川や2回戦の國學院久我山戦で史上6人目のサイクル安打を達成した杉田、そして決勝に進んだ星稜の4番内山らがメンバーから外れた。

○外野手
井上広大(履正社)
桃谷惟吹(履正社)
野村健太(山梨学院)

 外野手では打力を武器に勝ち上がった履正社の中心、桃谷と井上がともに選ばれず。2人ともここまで甲子園で2本塁打ずつを放ち、桃谷が.391、井上が.429の高打率を残しながら、メンバーから漏れた。また“山梨のデスパイネ”として注目された山梨学院の野村の名前もなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)