阪神、福留の走者一掃二塁打などで完勝 3連敗でストップ

阪神、福留の走者一掃二塁打などで完勝 3連敗でストップ

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

阪神・青柳が6回途中無失点

■阪神 8-0 DeNA(20日・京セラドーム)

 阪神は20日、京セラドームでのDeNA戦に8-0で勝ち、連敗を3で止めた。セ・リーグ2位のDeNAは連勝が2でストップ。首位・巨人が勝ったためゲーム差は6に広がった。

 0-0の5回、阪神は2死満塁で木浪が押し出しの四球を選んで先制。続く福留が右中間へ走者一掃の二塁打を放ち、この回4点を挙げた。6回には糸原が2号ソロ、7回にはマルテが11号2ランを放ちを放ち、リードを広げた。投げては先発の青柳が6安打されながら6回途中8奪三振無失点の力投で6勝目(8敗)を挙げた。

 DeNAは連勝が2でストップ。先発の浜口は4回まで1安打無失点投球を続けていたが、5回に崩れて5敗目(6勝)を喫した。打線もあと1本が出なかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)