西武が鷹のマジック点灯阻止! 秋山逆転打&ニール7勝目、ハムは連勝ならず

西武が鷹のマジック点灯阻止! 秋山逆転打&ニール7勝目、ハムは連勝ならず

逆転タイムリーを放った西武・秋山翔吾【画像:パーソル パ・リーグTV】

西武は連敗「2」で止める、ニールは6回1失点の好投で自身6連勝

■西武 4-2 日本ハム(20日・メットライフ)

 西武は20日、本拠地・日本ハム戦に4-2で勝利。引き分け以下なら、試合のない首位ホークスに優勝マジック24が点灯するという一戦で意地を見せ、阻止した。先発ニールが6回1失点と好投すると、打線は5回に秋山の2点打で逆転。6回には山川のタイムリーも飛び出し、貴重な追加点を奪った。

 ニールは初回、西川に先頭打者弾を被弾。しかし、その後は3回まで9打者連続でアウトに仕留める。4回は先頭・大田に内野安打、近藤には四球を与えるも、清宮、渡辺、田中を外野フライに仕留めて無失点。5回は再び3者凡退に抑えた。

 すると、打線はその裏に1死満塁の好機を作り、秋山がライトへ運ぶ適時打。2人が生還し、試合をひっくり返した。6回はニールが走者2人を出しながら無失点に抑えると、その裏には1死二塁で山川がセンターへ適時打。貴重な追加点を奪った。

 7回、ニールの後を継いだ2番手・小川が先頭・渡辺に三塁打を浴び、続く田中の遊ゴロの間に1失点。1点差に迫られ、続く王には左前打を許すも、石井はニゴロ併殺打。8回は平井が無失点に抑えると、木村がタイムリーで4点目を叩き出し、9回は増田が締めて逃げ切った。

 西武は連敗を2で止めて、ソフトバンクのマジック点灯を阻止。ニールが自身6連勝で今季7勝目(1敗)を挙げた。

 17日に連敗を「9」で止めた日本ハムは、18日は楽天と引き分け、再び黒星。打線が5安打2得点に終わり、連勝はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)