西武秋山が意地の逆転打、鷹の優勝マジック点灯阻止…20日のパ・リーグは?

西武秋山が意地の逆転打、鷹の優勝マジック点灯阻止…20日のパ・リーグは?

西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

ロッテは逆転勝ちで4位浮上、石川が8回11K

 プロ野球のパ・リーグは20日、2試合が行われ、西武、ロッテが勝った。西武は連敗を2で止め、首位ソフトバンクの優勝へのマジックナンバー点灯を阻止。日本ハムが敗れたため、ロッテが4位に浮上した。

 西武は本拠地での日本ハム戦に4-2で競り勝った。引き分けか負けならソフトバンクに「マジック24」が点灯する一戦で意地を見せた。1点を追う5回1死満塁で秋山が右前2点打を放って逆転。6回には山川の中前適時打でリードを広げた。1点差に迫られて迎えた8回には木村の左前適時打で4点目を挙げた。先発のニールが6回3安打1失点と好投し、自身6連勝で今季7勝目(1敗)。9回を締めた増田が今季20セーブ目を挙げた。日本ハムは西川が先頭打者アーチを放つも、西武4投手の前に5安打と元気がなかった。

 ロッテは本拠地での楽天戦に7-3で勝ち、連敗を3で止めて4位に浮上した。2回にレアードの右中間適時二塁打で先制。その後逆転を許したが、7回に角中が同点の適時二塁打、荻野が左越え適時二塁打を放って勝ち越した。8回には中村奨に適時打、岡に4号3ランが飛び出し、試合を決めた。投げては先発の石川が11三振を奪って8回6安打2失点の好投で4勝目(5敗)を挙げた。楽天は4回に銀次、6回にブラッシュの適時打で一度は逆転したが、先発の岸が踏ん張り切れなかった。

→1 ソフトバンク 114試合63勝47敗4分 -
→2 西武 112試合58勝53敗1分 5.5
→3 楽天 112試合54勝54敗4分 2.5
↑4 ロッテ 113試合54勝56敗3分 1.0
↓5 日本ハム 113試合53勝55敗5分 0
→6 オリックス 112試合51勝56敗5分 1.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)