広島緒方監督、大逆転劇にご満悦 「誠也が勇気をもって、三好も大したもんよ」

広島カープの緒方孝市監督が大逆転劇にご満悦 鈴木誠也と三好匠が活躍

記事まとめ

  • 広島カープとヤクルトスワローズが、20日にマツダスタジアムで対戦した
  • 広島は3点を追う9回に、ここまで無安打だった鈴木誠也が同点3ランを放った
  • そして、2死二塁で三好匠がタイムリーを放ちサヨナラ勝ち、緒方孝市監督は選手を称賛

広島緒方監督、大逆転劇にご満悦 「誠也が勇気をもって、三好も大したもんよ」

広島緒方監督、大逆転劇にご満悦 「誠也が勇気をもって、三好も大したもんよ」

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

3点を追う9回に鈴木の24号3ランで同点、最後は三好がサヨナラ打

■広島 9-8 ヤクルト(20日・マツダスタジアム)

 広島が劇的なサヨナラ勝ちで連敗を止めた。3点を追う土壇場の9回に鈴木の24号3ランで同点に追いつくと、最後は三好がサヨナラ打。試合後、緒方監督は「誠也が3ボールから勇気を持って打つべき球を捉えてくれた。三好も大したもんよ」と賛辞を送っていた。

 敗戦濃厚の中、主砲の一発でカープが息を吹き返した。3点を追う9回。無死一、二塁の場面でここまで無安打だった鈴木が左翼席へ起死回生の24号同点3ランを放つと、2死二塁のチャンスに三好が中前へサヨナラタイムリーを放ち劇的なサヨナラ勝ち。

 大逆転劇に緒方監督は「劣勢の空気の中で9回を諦めずにねぇ。キク(菊池涼)がつないで誠也(鈴木)が3ボールから勇気をもって打つべき球を捉えてくれた。三好も大したもんよ」と、この日のヒーローたちを称賛していた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)