先発からの配置転換が名ストッパーを生む? 過去に活躍したパ投手を振り返る

先発からの配置転換が名ストッパーを生む? 過去に活躍したパ投手を振り返る

オリックスのブランドン・ディクソン【画像:パーソル パ・リーグTV】

先発からクローザーへの配置転換は過去にも少なからず存在

 オリックスのブランドン・ディクソン投手は、プロとしてのキャリアの大半を先発投手として過ごしてきた存在だった。米マイナーでは174試合中141試合が先発登板で、日本でも昨年までの139試合中リリーフ登板は1度だけという数字が、その裏付けとなっている。

 しかし、今季に入ってからそのキャリアは新境地を迎えることになる。開幕からケガで出遅れると、チーム事情もあって6月にリリーフとして1軍に合流。すると、同時期にクローザーの増井浩俊投手が深刻な不振に陥って2軍での再調整に向かったことを受けて、ほどなくして経験豊富な助っ人右腕が新守護神の大役を任されることになった。

 昨年までは打たせて取る投球を持ち味とし、球界屈指のグラウンドボールピッチャーとして知られていたディクソン。しかし、今季はここまで24イニングで28奪三振と投球回を上回る数の三振を奪っており、投球内容にも少なからず変化が見られる。成績も27試合で14セーブ、防御率2.42と安定しており、チームの窮地を救う活躍を見せている。

 先発としての実績は豊富とはいえ、リリーフ投手としてはほぼ未知数だったディクソンの配置転換は、チームにとっても大きな賭けだったことだろう。頼れる助っ人は新たな持ち場で首脳陣の期待に応えてみせたが、先発から抑えに回って活躍を見せ、守護神不在の非常事態を解決した投手たちは過去にも少なからず存在してきた。

 そこで、今回は2000年以降のパ・リーグにおいて、1年と数か月以上にわたって先発を務めてからクローザーとして活躍した投手たちを紹介。ディクソン投手と同様の道筋を辿った先人たちの経歴を、あらためて振り返っていきたい。

○豊田清氏(元・西武、巨人、広島)

通算成績:558試合66勝50敗81ホールド157セーブ 992回1/3 859奪三振 防御率2.99

 豊田氏は1997年と1999年にそれぞれ10勝を記録するなど、先発投手としても1990年代後期の西武において存在感を発揮していた。しかし、当時のファンの記憶により強く残っているのは、2001年にクローザーに転向してからの姿になるだろう。この年に47試合で28セーブ、防御率2.83で守護神の座を手中に収めると、翌年以降はさらなる進化を見せ、まさに圧巻と言える投球を続けていく。

 2002年は57試合で防御率0.78という驚異的な安定感を見せ、当時のパ・リーグ記録である38セーブを達成。翌年も58試合で防御率1.24と変わらぬ活躍で、前年と同じ38セーブを記録。2年連続で最優秀救援投手のタイトルにも輝いた。翌年は腰痛の影響で34試合の登板、11セーブにとどまったものの、防御率0.98と安定感は変わらず。2度のリーグ優勝と1度の日本一にも大きく貢献し、球界屈指の抑え投手として君臨した。

 2006年に巨人に移籍してからは主に中継ぎとして活躍し、2007年からのリーグ3連覇にもリリーフ陣の主力として寄与。38歳で迎えた2009年には46試合で防御率1.99、広島に移籍して迎えた現役最終年となる40歳のシーズンにも32試合に登板して防御率3.08と、大ベテランの域に達しても衰えぬ実力を見せ付けていた。

元ロッテの薮田氏、元ホークス&オリックスの馬原氏も先発から配置転換

○薮田安彦氏(元・ロッテ)

通算成績:520試合48勝72敗112ホールド67セーブ 1009回1/3 710奪三振 防御率3.81

 薮田氏はプロ2年目の1997年に先発として規定投球回に到達し、勝敗こそ5勝9敗ながら防御率3.94と一定の活躍を見せた。しかし、その後はローテーション定着を果たすことができず、長期にわたって伸び悩むことに。そんな中で、プロ9年目の2004年に本格的にリリーフへと転向したことが、薮田氏にとって大きな転機となる。

 この年、薮田氏は66試合で77回1/3を投げ抜いて防御率2.79と安定した投球を見せ、リリーフ陣の主力としての地位を確かなものとすると、続く2005年には藤田宗一氏、小林雅英氏と「YFK」と呼ばれた強力な勝ちパターンを形成。チームにとって31年ぶりとなる日本一の一助となり、2006年からは2年連続で2点台の防御率を記録。2007年には38ホールドポイントで最優秀中継ぎのタイトルに輝き、快速球とフォークを武器に活躍を続けた。

 2008年からの2年間は大リーグ・ロイヤルズに活躍の場を移したが、2010年に古巣・ロッテに復帰すると、63試合で28ホールド、防御率3.15とかつてと同様の安定感で、同年の「史上最大の下克上」と呼ばれた日本一にもリリーフ陣の軸として貢献した。翌2011年には小林宏之氏の退団を受けてクローザーとなり、53試合で31セーブ、防御率1.75と大活躍。続く2012年にも61試合で26セーブを挙げ、抑えとしても確かな存在感を発揮した。

○馬原孝浩氏(元・ソフトバンク、オリックス)

通算成績:385試合23勝31敗47ホールド182セーブ 480回1/3 455奪三振 防御率2.83

 2003年ドラフトの目玉として自由枠でダイエー(現・ソフトバンク)入りを果たした馬原は、即戦力として1年目から先発ローテーションに加わるような活躍が期待されていた。しかし、プロ1年目の2004年は先発8試合、リリーフ3試合で防御率6.30と振るわず。翌2005年も開幕から先発として6試合に登板したものの、2勝4敗、防御率4.75と結果を残せなかった。

 なかなかプロの打者に適応できずに伸び悩んでいたが、前年の新人王を獲得した三瀬幸司氏が調子を崩したこともあって6月からリリーフに回ると、大学時代から高く評価されていた才能が大きく開花。リリーフとしては36試合で4勝2敗2ホールド22セーブ、防御率1.58と抜群の安定感を発揮し、すぐさま首脳陣の信頼を掴んでクローザーに定着。翌年以降もホークスの守護神として活躍を続け、長年にわたって不動の地位を築いていく。

 2006年には51試合で29セーブ、防御率1.65と前年同様の快投を見せ、2007年には54試合で38セーブ、防御率1.47で最多セーブのタイトルを獲得。リリーフ転向後の7年間で180セーブを記録し、粘り強い投球でチームに多くの白星をもたらした。2012年に大ケガでシーズンを棒に振ってからは故障との戦いが続いたが、2014年にオリックスでセットアッパーとして復活。55試合で32ホールドを記録し、優勝目前まで迫る快進撃を見せたチームを支えた。

○アレックス・グラマン氏(元・西武)

通算成績:150試合13勝18敗11ホールド52セーブ 245回1/3 160奪三振 防御率3.82

 193センチの長身から繰り出される角度のあるボールを持ち味としたグラマン氏は、先発の一角に加わることを期待されて西武に入団。しかし、来日初年度の2006年には13試合で4勝6敗、防御率4.26と結果を残せず。2年目の2007年も開幕から先発ローテーションに入ったが、10試合を終えた段階で2勝6敗、防御率5.33と、前年以上に苦しい投球が続いていた。

 日本球界に適応できずに苦戦していたグラマンだったが、2007年途中にリリーフに転向してからは見違えるようなピッチングを見せていく。米マイナー時代も先発としての登板がほとんどでリリーフ経験は乏しかったが、ブルペンに回ってからは速球が150キロを超えるようになり、球威の向上に伴って変化球も生きるように。7月からはクローザーも任され、リリーフとしては30試合で2勝0敗2ホールド17セーブ、防御率2.08と安定した投球を見せた。

 続く2008年も抑えを任され、開幕から18試合連続で自責点0という好投でチームの快進撃を支える存在の一人に。その後もシーズン防御率0点台の可能性を最終盤まで残すほどの支配的な投球を続け、リーグ2位の31セーブを記録。55試合で防御率1.42と申し分のない働きを見せ、チームの日本一にも大きく寄与した。翌年以降はケガの影響で本来の投球を見せられなかったが、異国の地で才能を開花させた長身左腕が残したインパクトは大きなものだった。

平野は配置転換後も活躍、メジャーでも活躍するほどに

○岸田護投手(オリックス)

通算成績:432試合44勝30敗63ホールド63セーブ 786回1/3 729奪三振 防御率2.99

 岸田はプロ2年目の2007年に先発とリリーフを兼任しながら39試合に登板し、126回を投げて防御率2.93と安定したピッチングを見せて台頭。2009年には故障で19試合の登板にとどまりながら、自身初の2桁勝利となる10勝を記録。139回1/3とわずかに規定投球回には届かなかったものの、先発陣の主力としての立ち位置を確立したかに見えた。

 しかし、2010年は開幕から7試合で2勝4敗、防御率4.44と調子を崩し、5月初旬からリリーフへと転向。6月にはクローザーへと配置転換され、リリーフとしては51試合で防御率2.18、11ホールド12セーブと適性の高さを示した。翌2011年は年間を通して抑えとして登板を重ね、68試合で防御率2.61、リーグ2位の33セーブを記録。69回で74奪三振とイニングを上回る奪三振数を記録し、最終戦までAクラスを争ったチームをフル回転で支えた。

 2012年途中には抑えからセットアッパーへと再び配置転換され、以降は中継ぎとして活躍を続けていく。2014年には55試合で防御率3.36という成績を残し、強力リリーフ陣の一角として優勝争いを繰り広げるチームの力となった。2015年には50試合で防御率2.56と、前年以上に安定感のある投球を披露。その後は故障に苦しんでいるものの、2018年には17試合の登板ながら防御率2.35と復活の兆しを見せており、完全復活が待たれるところだ。

○平野佳寿投手(元・オリックス)

通算成績:549試合48勝69敗139ホールド156セーブ 974回2/3 884奪三振 防御率3.10

 平野はプロ初年度の2006年から先発ローテーションに定着し、26試合で7勝11敗、防御率3.81という数字を記録。10度の完投、4度の完封と新人離れした投球内容で、早くもチームの先発陣を支える存在となった。続く2007年も27試合で8勝13敗、防御率3.72と前年同様の活躍を見せ、2年続けて170イニング以上を消化。希望枠での入団という高い期待に違わぬ才能を示し、近未来のエースとして大きな期待が寄せられていた。

 しかし、故障で2008年のシーズンを棒に振ると、戦列に復帰した2009年も3勝12敗、防御率4.72と以前のような投球は見せられず。剛腕復活のきっかけとなったのは、2010年にリリーフへと転向したことだった。63試合で39ホールドポイントを挙げ、防御率も1.67と抜群の安定感を発揮。翌2011年には当時のパ・リーグ記録となるシーズン43ホールドを記録し、最優秀中継ぎのタイトルを獲得。リーグ屈指の中継ぎ投手へと飛躍を遂げた。

 2012年途中からは岸田と入れ替わりでクローザーを任されるようになり、2013年には60試合で31セーブ、防御率1.87という素晴らしい成績を記録。翌2014年は防御率3.43と前年に比べてやや安定感を欠いたものの、パ・リーグ史上初となるシーズン40セーブの快挙を達成。その後も2017年までオリックスの守護神として活躍を続け、MLBに移籍した後も鋭いスプリットを武器に世界最高峰の舞台で奮闘している。

 豊田氏、岸田、平野の3投手は先発としてもリリーフとしても実績を残しており、どちらにも順応できる豊かな才能を有していたといえる。しかし、3人とも先発時代よりもリリーフ転向後の方が、より“凄味”を増したという印象を受けるのも確かだ。それに対し、先発時代に結果を残しきれなかった薮田氏、馬原氏、グラマン氏はブルペンに回ってから圧倒的な投球を見せており、先発よりもリリーフとしての適性の方が高かったといえそうだ。

 それぞれリリーフ転向までの先発経験が1シーズンのみだったため今回は紹介しなかったものの、松井裕樹投手(楽天)、増井浩俊投手(オリックス)、西野勇士投手(ロッテ)といった面々も1軍デビュー当時は先発だった。「先発から抑え」という配置転換が、リーグを代表するストッパーを生むことは決して少なくないといえそうだ。

 ディクソンは6年間にわたってオリックスの先発ローテーションを支えていたものの、好投しながら援護に恵まれないシーズンも多く、9勝止まりのシーズンが3度とシーズン2桁勝利には未だに手が届いていない。悲運の優良助っ人は今後もリリーフとして活躍を続け、新たな持ち場で守護神として先人たちのような活躍を見せることができるだろうか。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)