「まるでエスパー!?」 日本ハムが仕掛けた“秋山シフト”が完璧にハマる

「まるでエスパー!?」 日本ハムが仕掛けた“秋山シフト”が完璧にハマる

西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

20日の西武戦で初回、遊撃手を二塁ベース後方に置くシフトを見せる

■西武 4-2 日本ハム(20日・メットライフ)

 日本ハムが、20日に行われた敵地メットライフドームでの西武戦で仕掛けた“秋山シフト”が完璧にハマり、ファンが喝采している。

 その場面は初回にやってきた。2ボール1ストライクからの4球目、先発ロドリゲスの打球をはじき返した秋山の打球は、右腕の足元を抜けて二遊間へと転がった。通常の守備位置であれば、間違いなく中前へと抜けている打球となった。

 だが、この日は栗山英樹監督の“秋山シフト”が見事に奏功する。二塁ベースの真後ろには遊撃手の石井一の姿が。打球はその石井一の正面を突き、難なく先頭打者をアウトにした。この場面、三塁手がかなり遊撃寄りに守り、三塁線を空ける、メジャーさながらのシフトを敷いて、それが成功した形だ。

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルでは、この場面を紹介。「まるでエスパー!? 『秋山シフト』が見事にハマった!!」と動画を公開すると、ファンからは「今日の栗山シフトも凄かったなぁ」「すげぇシフト」「さすが栗山」「栗山監督のこういう野球好きだわ!」と喝采の声が上がっていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)