【MLB】大谷翔平、“右手1本曲芸打ち”適時二塁打 9戦ぶり8度目“猛打賞”、最近11戦8度マルチ

【MLB】大谷翔平、“右手1本曲芸打ち”適時二塁打 9戦ぶり8度目“猛打賞”、最近11戦8度マルチ

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

自己最長11試合連続安打、マルチ安打は今季32度目

■レンジャーズ – エンゼルス(日本時間21日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地で行われたレンジャーズとのダブルヘッダー第2試合に「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場。4回の第2打席で三塁内野安打を放ち、自己最長を更新する11試合連続安打をマーク。6回の第3打席では中前打を放つと、8回の第4打席でも右翼線適時二塁打を放った。9試合ぶり、今季8度目の猛打賞となった。

 0-2で迎えた8回2死一塁。3番手右腕ケリーの内角スライダーに反応。右手一本。ヘルメットを飛ばしながらも、右翼線へ飛ばした。一塁走者・フレッチャーが生還する適時二塁打となった。11日(同12日)の敵地・レッドソックス戦以来の3安打となった。

 4回先頭ではメジャー初登板初先発の先発左腕バークの内角高めのフォーシームを強振した。打球速度101マイル(約162.5キロ)の打球。シフトで遊撃付近を守っていた三塁・フォーサイスに好捕されたものの、快足を飛ばして三塁内野安打とした。10日(同11日)の敵地・レッドソックス戦から続く連続試合安打を「11」に。6回2死ではバークの外角フォーシームをバットの先で拾って、中前打とした。3試合連続、今季32度目のマルチ安打をマークしていた。

 初回2死はシフトに阻まれて遊ゴロだったが、最近11試合で8試合目の複数安打だ。大谷の好打が際立っている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)