【MLB】メッツ公式ツイッターが炎上… プレー妨害のファンを「球界最高」と投稿し批判殺到

【MLB】メッツ公式ツイッターが炎上… プレー妨害のファンを「球界最高」と投稿し批判殺到

メッツのジョー・パニック【写真:Getty Images】

三塁線に上がったファウルフライを、ファンが身を乗り出してキャッチ

■メッツ 9-2 インディアンス(日本時間21日・ニューヨーク)

 MLBメッツの公式ツイッターが、ファウルフライを“強奪”し相手守備を妨害したファンを称賛したことで炎上する事態となった。

 問題のシーンは20日(日本時間21日)の本拠地インディアンス戦で起こった。3回1死一塁でメッツのジョー・パニックが放った打球は三塁線へのファウルフライとなった。インディアンスの左翼オスカー・メルカドが打球を追いかけ、打球の落下点にグラブを伸ばした。

 次の瞬間、三塁側スタンドにいた1人の男性ファンがスタンドから身を乗り出してグラブを差し出した。飛球がこのグラブに収まると、男性ファンはメルカドに対し、何やら言葉を発していた。選手の守備を妨害する行為だったが、メッツの公式ツイッターはこの場面を「球界最高のファンたち」として動画で紹介。すると、コメント欄はメッツを批判する反応で溢れ、炎上状態となっている。

「このファンか、この行為を支持するメッツか、どちらの方が酷いだろう」

「酷いツイート」

「ファンの妨害を推奨するべきじゃない」

「それなら、なぜ彼を退場させたんだ?」

「これは正しいことじゃない」

「あの2人のファンは嫌なヤツに見えるけど」

「最低」

「手を伸ばしたヤツを称賛するなんて馬鹿げている」

「これは良くないね」

 この打球は結果的にメルカドが間に合わなかったと判断され、判定はファウルのまま。以前にも、相手選手にビールをぶちまけたファンの動画を紹介し炎上していたメッツのツイッター。再びの不適切な投稿となってしまった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)