広島、連夜の逆転勝ちで2位浮上! 代打・安部V弾&遠藤プロ初勝利、燕は一発に泣く逆転負け

広島カープがヤクルトスワローズに逆転勝ちで2位浮上 高卒2年目の遠藤淳志プロ初勝利

記事まとめ

  • 広島カープは21日、本拠地でのヤクルトスワローズ戦を5-4で勝利し4カードぶり勝ち越し
  • 同点の8回に代打・安部友裕が7号決勝ソロを放ち試合を決め、チームは2位に浮上した
  • 8回から5番手として登板した高卒2年目の遠藤淳志は、1回無失点の好投を見せプロ初勝利

広島、連夜の逆転勝ちで2位浮上! 代打・安部V弾&遠藤プロ初勝利、燕は一発に泣く逆転負け

広島、連夜の逆転勝ちで2位浮上! 代打・安部V弾&遠藤プロ初勝利、燕は一発に泣く逆転負け

広島・安部友裕【写真:荒川祐史】

同点の8回に代打・安部が右中間へ勝ち越しの8号ソロ

■広島 5-4 ヤクルト(21日・マツダスタジアム)

 広島は21日、本拠地でのヤクルト戦を5-4で勝利し4カードぶりの勝ち越しを決めた。同点の8回に代打・安部が7号決勝ソロを放ち試合を決めた。チームは2位に浮上した。

 広島は2点を追う5回に菊池涼、鈴木の連続タイムリーで同点に追いつくと、8回には代打・安部が左中間へ7号ソロを放ち勝ち越しに成功した。

 投げては8回から5番手として登板した高卒2年目の遠藤が1回無失点の好投を見せプロ初勝利を挙げた。ヤクルトは連日の逆転負けとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)