西武山川、76日ぶり1試合2発! キング独走37号2ラン「打ててよかったです」

西武山川、76日ぶり1試合2発! キング独走37号2ラン「打ててよかったです」

第1打席で36号ソロホームランを放った西武・山川穂高【画像:パーソル パ・リーグTV】

6月6日の広島戦以来の1試合2本塁打、この日から打順1つ上げ6番に

■西武 – 日本ハム(21日・メットライフ)

 西武の山川穂高内野手が21日の日本ハム戦(メットライフ)で5回にこの日2本目となる37号2ランを放った。山川が1試合に2本塁打を放つのは6月6日の広島戦以来、76日ぶりだ。

 高く打ちあがった打球が左翼ポール際に吸い込まれた。4回までに4点をリードしていたが、5回に先発の榎田がつかまり3失点と1点差に迫られた。5回の裏、2死から外崎が四球で出塁。山川は日本ハム3番手の生田目のフォークをすくい上げ、左翼スタンド最前列に放り込んだ。

 この日から打順を一つ上げ、6番に座る山川の豪快な一振りで再びリードを広げた西武。第1打席にも36号ソロを放っていた山川は「点をとられた後に追加点となるホームランが打ててよかったです」と大きな追加点となった2ランにうなずいた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)