【MLB】大谷、右手一本“曲芸”適時打 名物実況が指摘した“ヘルメット脱げ”の理由は…

【MLB】大谷、右手一本“曲芸”適時打 名物実況が指摘した“ヘルメット脱げ”の理由は…

「3番・DH」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

内角低めを打ちにいくと、ヘルメットが脱げる?

■レンジャーズ 3-2 エンゼルス(日本時間21日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地で行われたレンジャーズとのダブルヘッダー第2試合に「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場し、今季8度目の“猛打賞”と気を吐いた。

 0-2で迎えた8回2死一塁の第4打席では右腕ケリーの内角低めのスライダーに反応。見逃せば、ボール球だったが、右手1本で右翼線へ適時二塁打を放った。ヘルメットを飛ばしながらの一撃に、ロサンゼルスで試合を中継するテレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」の名物実況ビクター・ロハス氏も驚いた。

 ロハス氏「ライトのコーナーに打ちました。ショウヘイがヘルメットを失いました。フレッチャーが三塁を回り、本塁に向かいます。送球はありません。ショウヘイ・オオタニ、適時二塁打です」

 解説のマーク・グビザ氏「何という試合でしょう、ショウヘイ! 今日3安打です。内角低めのスライダーでした。すくい上げ、コーナーに打ちました。今季16本目の二塁打です」」

 ロハス氏「ヘルメットが脱げました。彼が内角低めの球を打とうとすると、肩がフェイスガードに当たり、ヘルメットが脱げるようですね」

 ヘルメットが脱げてしまう理由を、ロハス氏が“解説”。衝撃の一打に興奮の様子だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)