「一体何が…」米マイナーで珍プレー、バントが“ホームラン”になっちゃった!?

米マイナーでバントが『ホームラン』になる珍プレー 記録は内野安打と捕手の失策

記事まとめ

  • 米マイナーでタイガース傘下レイクランドとマーリンズ傘下ジュピターの試合が行われた
  • レイクランドのバントをジュピター捕手が悪送球し、打者走者まで本塁に生還した
  • この『ホームラン』に、ファンから「つまりひどい守備」など、厳しい声があがっている

「一体何が…」米マイナーで珍プレー、バントが“ホームラン”になっちゃった!?

「一体何が…」米マイナーで珍プレー、バントが“ホームラン”になっちゃった!?

米マイナーリーグでなんともお粗末なバント処理が…【写真:Getty Images】

捕手が一塁に悪送球。打者走者が一気に本塁生還

 20日(日本時間21日)に行われたタイガース傘下1A+レイクランドとマーリンズ傘下1A+ジュピター戦で、セーフティーバントを試みた打者が、一気に本塁に生還する珍プレーがあった。

 2回裏のレイクランドの攻撃で2死走者なしからリース・ハンプトンがセーフティーバントを試みた。これを捕球したジュピターの捕手BJ・ロペスが一塁へ悪送球。ボールが右翼方向に転々とする間に、打者走者のハンプトンが本塁に生還した(記録は内野安打と捕手の失策)。

 マイナーリーグ公式インスタグラムがこのプレーを「バントホームラン」とのタイトルで公開すると、ファンから反応が。

「マイナーリーグベースボール」

「つまりひどい守備ということだね」

「一体外野で何が起こったんだ」

「リトルリーグのホームラン」

「あの男は速い」

「ワォ、このようなことはあまり見られないね」

 なかなかお目にかかれない珍プレーに厳しい声があがっていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)