広島、連夜の逆転勝ちで2位浮上 巨人・菅野が3年連続2桁勝利…21日のセ・リーグは?

広島、連夜の逆転勝ちで2位浮上 巨人・菅野が3年連続2桁勝利…21日のセ・リーグは?

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

打線低調のDeNAが3位転落、阪神・高山が先制アーチ

 プロ野球のセ・リーグは21日、3試合が行われ、巨人、阪神、広島が勝利。DeNAが敗れたため、広島が2位に浮上した。首位・巨人と広島のゲーム差は「6.5」。

 巨人は敵地・中日戦に5-2で勝ち、6連勝を飾った。4番・岡本が1、3回に適時打を放つと、6回に阿部が5号ソロ、ゲレーロが16号ソロを放ってリードを広げた。7回には丸、岡本、若林の3連打で5点目を挙げた。丸は3安打3得点、岡本が3安打2打点と気を吐いた。菅野は8安打されながら7回を1失点にまとめて節目の10勝目(5敗)。3年連続6度目の2桁勝利を飾った。中日は12安打を放ったがあと1本が出ず、4連敗を喫した。

 阪神は京セラドームでのDeNA戦に3-1で勝った。3回に高山の2号ソロで先制。4回にはマルテが左翼線適時二塁打、6回にはマルテの右犠飛でリードを広げて逃げ切った。秋山が5回1失点で4勝目(3敗)。9回を締めた藤川が8セーブ目を挙げた。前日に完封負けを喫したDeNAはこの日も打線が低調で、伊藤裕の犠飛による1点のみ、連敗で3位に転落した。

 広島は本拠地でのヤクルト戦に5-4で逆転勝ち。4カードぶりの勝ち越しを決めて2位に浮上した。2点を追う5回に菊池涼、鈴木の連続適時打で同点に追いつくと、8回には代打・安部が7号ソロを放ち、勝ち越した。投げては8回から5番手で登板した高卒2年目の遠藤が1回無失点でプロ初勝利を挙げた。ヤクルトは連日の逆転負けを喫した。

→1 巨人 112試合64勝46敗2分 -
↑2 広島 116試合59勝54敗3分 6.5
↓3 DeNA 115試合58勝54敗3分 0.5
→4 阪神 115試合52勝57敗6分 4.5
→5 中日 113試合49勝62敗2分 4.0
→6 ヤクルト 115試合46勝67敗2分 4.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)