【MLB】ダルビッシュ、5勝目の権利 5回まで4失点7K、自らバスターで勝ち越し適時打

【MLB】ダルビッシュ、5勝目の権利 5回まで4失点7K、自らバスターで勝ち越し適時打

本拠地でのジャイアンツ戦に先発登板しているカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

初回に2ラン被弾で先制を許すも、自身の適時打などで逆転

■カブス – ジャイアンツ(日本時間22日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手が21日(日本時間22日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、5勝目の権利を手にした。初回に2点を先制されたものの、2回以降は立ち直って5回まで4失点。2回に自ら勝ち越し適時打を放つなど、チームは2点をリードしており、右腕は勝ち投手の権利を手にした。

 今季26試合目の先発マウンドに上がったダルビッシュ。初回、いきなりロンゴリアに2ランを浴びて2点を先制されたものの、2回2死から4者連続三振を奪うなど、2回から3イニング連続で3者凡退に。5回2死二塁でヤストレムスキーに2ランを浴びたものの、5安打4失点、7個の三振を奪い、5回を投げ終えた。

 初回に2点をリードされたカブスだったが、その裏、すぐさまカステヤノスが19号2ランを放って同点。2回には1死一、二塁でダルビッシュがバスターで左前適時打を放ち、自ら勝ち越し点を生み出した。3回にはシュワーバーが29号2ランを放って2点を加点するなどリードし、5回を投げ終えたダルビッシュは5勝目の権利を手にした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)