日本ハム、24日の2軍戦で「鎌スタ梨祭り」開催 親子でグラブ作りも

日本ハム、24日の2軍戦で「鎌スタ梨祭り」開催 親子でグラブ作りも

鎌スタで行うイースタン・リーグのDeNA戦で「鎌スタ☆梨まつり」を開催する【画像提供:北海道日本ハムファイターズ】

定員20組限定、制作したグラブはそのまま持ち帰ることができる

 日本ハムは24日、2軍本拠地の鎌ケ谷スタジアムで行うイースタン・リーグのDeNA戦(13時試合開始)で「鎌スタ☆梨まつり」を開催する。

 鎌ケ谷市商店会連合会とタイアップした企画で、目玉の一つは体験型イベントの「親子グラブづくり」。鎌ケ谷市内にある超野球専門店CVが運営する球場正面広場の特設ブースで実施する。定員は20組限定。参加費は5歳から小学3年生が9,000円(税込)、小学4年生から6年生までが11,000円(税込)となっており、親子で制作した思い出のグラブはそのまま持ち帰ることができる。

 また、午前11時30分からの内野スタンド入場時に先着1,000名の来場者へ鎌ケ谷特産の梨(1個)と特製オリジナルうちわがプレゼントされる。

 今回も勝手に「かまがや地域発展向上委員会・特別顧問」を担っているという謎の二刀流キャラクター「DJチャス。」は「梨の町・鎌ケ谷では今は幸水(こうすい/梨の品種)が美味しい季節だな。(親子グラブづくりでは)くれぐれも梨サイダーならぬ新型魔球“梨スライダー”とか何とか言って梨でキャッチボールするのだけは勘弁してくれよ!」と意味不明なコメントで笑わせながらも地域と一体となったお祭り型イベントを熱くPRしていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)