【MLB】ナショナルズ右腕、まさかの理由で負傷 バーベルに“KO”「そこら中に血が…」

【MLB】ナショナルズ右腕、まさかの理由で負傷 バーベルに“KO”「そこら中に血が…」

ナショナルズのハンター・ストリックランド【写真:Getty Images】

腰回りのトレーニング中にバーベルが顔面を直撃

 ナショナルズのハンター・ストリックランド投手が、まさかのアクシデントに見舞われた。彼の顔面を襲ったもの、それはウエートトレーニングで使用する「バーベル」。MLB公式サイトが、この前代未聞の“KO劇”を伝えている。

 MLB公式サイトは「ストリックランドがバーベルにKOされた場面を詳しく語る」と題し、右腕がバーベルにノックアウトされた場面を本人の証言を元に詳細にレポート。このアクシデントは20日(日本時間21日)に起きたようで、記事では「火曜日にバーベルが彼の顔面を直撃した際、何が起きたかはっきり理解するために、ハンター・ストリックランドには少しの時間が必要だった」としている。

 バーベルを使って腰回りのトレーニングを行なっている最中だったというストリックランドは記事の中で「何が起きたのかわからなかったよ。確かに自分にがっつり当たっていたから、少しめまいがしたんだ」と、バーベルに襲われた時のことを回顧した。

 さらに「その後、鏡で自分の姿を見たときに、鼻が曲がっていてそこら中に血が飛び散っていたんだ。(その状況から考えて)バーベルにKOされたということに気づいたのさ」と、気付いた時には、鼻が曲がり、辺り一面に血が飛び散っていたという状況を語っている。

 負傷した後、チームの医療スタッフがすぐさま治療にあたり、X線検査も受けたストリックランド。怪我は大事には至らず、今日の試合に出場が可能な状態だったことを明かしている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)