【MLB】ダルビッシュ「調子良くなかった」メジャー初の5戦連続無四球&8奪三振も、4発7失点

【MLB】ダルビッシュ「調子良くなかった」メジャー初の5戦連続無四球&8奪三振も、4発7失点

本拠地でのジャイアンツ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

カーブには手応え「自分にとってすごく自信になる」

■カブス 12-11 ジャイアンツ(日本時間22日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、6回途中7失点で降板した。5回まで2点のリードを守っていたが、6回に2本塁打を浴びて同点に追いつかれて降板となり5勝目を逃した。カブスは8回に逆転に成功して4連勝とした。

 初回、いきなりロンゴリアに2ランを浴びて先制されたダルビッシュ。すぐさま味方が追いつくと、2回2死から4者連続三振を奪うなど、2回から3イニング連続で3者凡退に抑えた。だが、4点リードの5回2死二塁でヤストレムスキーに2ランを浴びると、6回にボートに2ラン、ピラーに2者連発となるソロを被弾。同点に追いつかれ、7安打4本塁打7失点でノックアウトとなった。

 試合後、ダルビッシュは「そんなに悪くはなかったけど、調子は良くはなくて。真っ直ぐがあまり状態はよくなかったので、変化球がいつもより多めになった。(ストレートは)左に対して崩れていた。ビデオで見てもわからない部分はたくさんある。自分がキャッチボールやブルペンで感覚を真っ直ぐのを取り戻すしかない」と、この日の投球を振り返った。

 5勝目を逃し悔しい降板となったが、収穫もあった。「今日はいいところもあった。速いカーブ。トミー・ジョンやってからなかなか投げられなかったのが、今日、その感覚が戻って4個か5個くらい三振取ったのかな。トミー・ジョンを受ける前はベストピッチだったので。それが返ってきたというのは自分にとってすごく自信になります」と手応えを口にした。

 5試合連続で無四球、8奪三振以上というメジャー初の記録も樹立することになったダルビッシュ。「そういうこともあるんですね。最初の2か月くらいはみんな四球出していたのに、今は四球出さなくなっちゃって。昨日も同級生と話していて、コントロールって才能だと思っていた。上原さんとか岩隈さん、田中とか才能なんだろうと。そんなの俺には無理だと思っていた」と語っていた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

関連記事(外部サイト)