【高校野球】北陸勢初制覇へ、星稜・岡田が右中間破る先制の適時二塁打 奥川は2回まで無失点

【高校野球】北陸勢初制覇へ、星稜・岡田が右中間破る先制の適時二塁打 奥川は2回まで無失点

星稜が先制点を先取

履正社が優勝ならば大阪勢の2連覇に

 第101回全国高校野球選手権大会は22日、甲子園球場で決勝戦が行われ、星稜(石川)が北陸勢初優勝に向けて2回に履正社(大阪)から1点を先制した。

 エース奥川は初回、1死から池田に今大会初長打となる三塁打を浴びたが無失点。一方、履正社の先発・清水も3者凡退のスタートを切った。奥川は2回には先頭・内倉に右前打を許し、犠打で1死二塁のピンチを招いたが、ここも後続を断った。

 すると、星稜は2回に先頭・内山が左前打で出塁。犠打で1死二塁とすると、2死となってから岡田が右中間を破る適時二塁打。1点を先制した。

 星稜、履正社のどちらが優勝しても初。星稜ならば北陸勢初優勝、履正社ならば大阪勢2連覇となる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)